洋服を捨てる基準はこっから先に着ている自分がイメージできるかどうか

洋服を捨てる時にどれを捨てていくか迷う事があるかと思いますが、私はこっから先に着ている自分がイメージできるかどうかを洋服を捨てる基準にしています。


今までは


  • 着れるか着れないか
  • かなりキレイな状態かどうか

という基準で選んでたのですがうまくいかなかったです。


収納スペースがどんどん埋まっていきますが、その後1回も着てない服ばっかり収納してるって状態になってました。


なので、残すならやっぱ着る服にしたいって事で上記の判断基準にしました。


バッグ等も同じで後に使っている自分がイメージできるか、を基準にします。


ちなみに、上記の様な「着てない服ばっかり収納してる」「使ってないバッグがかなりクローゼットに溜まってる」ってなってる場合は、買取やってる実店舗や買取サイトを利用するのが便利です。


収納スペースをゆるゆるで使えてちゃんとしまいやすい&捨てずに済む、ので。


査定額を重視なら実店舗で、楽さを求めているならネット買取がおすすめです。


買取サービスとは「 uttoku 」(バッグ・財布・時計・ブランドジュエリー)や、「 フクウロ 」等の事です。


スポンサーリンク


着れるか着れないか、は基準にならなかった


洋服を捨てる時に着れるか着れないかを基準にすると迷うような服はほぼ全部残すことになっちゃってました。


迷うような物はほぼ全部着れたためです。


首元部分や袖部分がゆるゆるだったり、汚れがついてたり、縫製がかなりほつれちゃってたり、そういう物は迷う事なく処分側に選べます。


が、迷う物の中でどれを捨てるか選ぶ時に、「着れるか着れないか」で選んでいくと、ほぼ全部残す事になるので私の場合は着れるか着れないかだとうまく弾いていく事ができませんでした。


キレイかどうかも基準にならなかった


キレイな状態かどうかっていう基準にすると収納スペースを広くする事ができませんでした。


「キレイな状態だけど着ない服」ってのが多々あったためです。


昔買ったけど、今の自分の好みからはズレてる、とか、買ったは良いけどあんま着なかった、みたいな服です。


これも、私は廃棄する事にしました。


もったいない感はかなりありましたが、収納しといてもこっから先も収納してるだけになるだろうなって思ったので。


部屋の模様替えの時と同じで動きがあるかないかで考えたら、「動きが出ない服」なのは間違いなかったので。


  • 昔買ったけど、今の自分の好みからはズレてる
  • 買ったは良いけどあんま着なかった、みたいな服

は、上述した買取に合致してる服なので買取額もつきやすいです。


バッグも同じです。


状態としては問題ないけど、ただ単に今の自分の好みとズレてるってだけで、他の人の好みに合致する可能性は普通にあるので。


売る場合、「買取額を何より重視」なら実店舗で、「何より手間のなさ」を求めているならネット買取がおすすめです。


宅配買取サービス「 フクウロ 」「 uttoku 」(バッグ・財布・時計・ブランドジュエリー)


もったいないに引きづられないのが大事


もったいなく感じるかどうかを基準にする収納スペースがどんだけあっても足りなくなってしまいます。


こっから先100%レベルで着ない服でも「もったいない」って感じたら残す事になるので。


洋服は捨てると言っても基本着れる状態の事が多いですし、自分がお金を払って手に入れた物なので、どっちの面でも捨てる時にはもったいないって気持ちにはなります。


けど、それで残していったら収納スペースが全然広くならないです。私は収納スペースはMAXの状態で使いたくないのでできるだけ処分する様にしています。すぐ部屋が散らかるので。


あと、「もったいない」で残して、家の収納スペースに保管、で、ずっと着ない、はもったいないの解消になってるかな?って思ったので、私は服を捨てる時には「もったいない」で部屋に残すのはやめる様にしました。


他の活用方法に自分で変えるなら(リサイズとか、雑巾にするとか)、残して置いた方が良いと思いますが、私の場合は、自分で再利用できる様にする事はないと思ったので。


なので、洗濯して市の資源ゴミに出せる様にした上で処分、で再生に廻してもらう様にしました。


その方がもったいなくないって思ったので。自分への理由付け的な部分も大いにありますが。


こっから先に着ている自分がイメージできるかどうか


で、その後、私は「こっから先に着ている自分がイメージできるかどうか」を洋服を捨てる基準にしました。


この様にしてからは結構うまく判断できてます。


「こっから先に着ている自分がイメージできるかどうか」なので、着れる状態であってもこれから先に着てる自分がイメージできないなら処分にしますし、きれいな状態でも、買った時は良いって思ってた物でも、もったいないって感じる物でも、こっから先に着ている自分がイメージできないなら捨てる様にします。


洋服を手に持って、「これ着て外出てる自分」をイメージしたり、「これ着て知り合いと会ってる自分」をイメージしたり、「これ着て買い物に行ってる自分」とかをイメージします。


それで、色々なパターン考えても「ないな」って感じたら処分したり、買取やってる実店舗や買取サイトに出します。


あと、「部屋着として着てる自分」とかもイメージします。ただ、部屋着でも快適な部屋着か微妙な部屋着かはあるので、何でもかんでも部屋着にはしません。めちゃくちゃ部屋着が増えちゃうので。


って事で、私の場合は洋服を捨てる基準を「こっから先に着ている自分がイメージできるかどうか」にしてからは割りとうまい事できています。結構オススメです。


宅配買取サービス「 フクウロ 」「 uttoku 」(バッグ・財布・時計・ブランドジュエリー)


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加