ガーゼの枕カバーの生地の見た目や触り心地の感想&サイズ選びについて

「松並木」さんの5重ガーゼピローケース

今まで枕カバーを一度外した後、タオルで代用して、そっからずっとタオルで寝てました。


が、寝てる間に外れたり、枕を移動させる時にタオルがズレない様気をつけなくてはならないのが、ちょっと面倒に感じていたので枕カバーを探していました。


とりあえず、触った時にしっとり感が欲しかったので、しっとり感のある商品を探していたのですが、探している最中にガーゼの枕カバーを見つけました。


ガーゼって、しっとり感あるのかな?あったら良いなって感じで見てたんですが、


  • 写真で見るとしっとり感がありそうだった。
  • レビューが評価が高いのが多い。
  • 寝やすいっていうレビューが多い。

だったので、さらさらな肌触りも良さげって事と丸洗いOKって事で試してみることにしました。
(ガーゼ生地の枕カバーのレビューに「さら、さら」って感想が多かったです。)


結果しっとり感はなかったですが、触り心地や肌触りは「さら」って感じで気に入りました。


購入したのは「松並木」さんの「5重ガーゼピローケース」です。


選んでいる時に生地の質感や肌触りはどんな感じなんだろう?って疑問が出てきたのと、私の様にガーゼ系の寝具を使用するのが初めての場合、見た目がどんな感じか分かると購入判断がしやすくなると思うので、見た目と購入して分かった事や感想なんかをこの記事に記載します。


記事の目次
  1. ガーゼ生地を触った感想
  2. 寝た感想
  3. 枕カバーのサイズ選びについて
  4. 封筒式の場合は口の部分だけベージュ
  5. この記事の枕カバー
  6. まとめ

スポンサーリンク


ガーゼ生地を触った感想


感想としては肌触りはちょい硬めでした。


これは使用していったり、洗濯していく内に柔らかくなるみたいです。
(使用していく内に柔らかくなりました。)


「ガーゼ」って言うと、ケガした時には傷口に貼る部分って感じがして、編み目は荒めなのかな?って思ってたのですが、キメ細かく編んであって「ガーゼ」って聞いて思い浮かべる生地とは全然違いました。
(って人によってイメージは違うとは思いますが・・・。)


編み目の細かさはこんな感じです。

ガーゼ枕カバーの編み目の細かさ
触った感じは「サラ」とか「ツルツル」って感じです。


素材は綿です。

ガーゼの枕カバーの素材:綿100%


寝た感想


枕カバーに頭を置いただけでも結構ヌクヌクって感覚があります。


温かいです。


私の場合は、ガーゼケットとガーゼシーツも購入したので、それらも合わせるとホント、ヌクヌクって感じです。


私が購入したのはガーゼが5重になっている枕カバーなのですが、5重なのでガーゼと言っても丈夫でしっかりしているって感じがしました。


見た目じゃ分かりにくいかもしれませんが、「しっかりしてる感」の見た目です。

ガーゼの枕カバーの見た目


しっとりって感覚はなかったですが、これは購入時に勝手に思った事なので問題ないです。


枕カバーのサイズ選びについて


松並木さんのガーゼ枕カバーは私の購入時には大きさによって三種類くらいありました。


私が購入したのは、一番小さいサイズの封筒式の枕カバー(35×85cm)です。


私の枕は平べったくした状態で縦34.5cm×横43cmだったので、商品ページの写真ぐらい中身を入れた状態でのサイズ表記なのかな?だったら大きいか~」って感じで迷ったのですが、結果的には封筒式の「35×85cm」で問題なかったです。だぶだぶにはなっていません。


表記されているサイズは枕カバーを平たく伸ばした状態での大きさです。
私の様に勘違いする方はいないかもしれませんが・・・。


素人採寸ですが、枕カバーの口の部分は平たくした状態で32~33cm程度でした。


また、私の場合は、サイズが微妙で迷ったのですが、封筒式の場合、口を広げて奥に押し込んで入れてくので中身(自分の枕)が大きい分にはカバーの大きさは余裕を見なくても良いかもしれません。


それよりも、どのくらいの大きさで使いたいか?や、どのくらいの厚みで使いたいか?を考えてサイズを選んだほうが良いかと思います。


中身が動くタイプ(形が変わるタイプ)の枕を使用している場合は。


平べったくしている状態でのサイズ表記なのでぴったりのサイズの枕カバーだと、平べったい状態がデフォルトって感じで使用する事になります。


私の場合は中身とカバーがぴったりくらいなので、たまに縦に折って使用する事もあります。枕に厚みをつけたいって時など。


封筒式の場合は口の部分だけベージュ


私が購入した松並木さんの場合、封筒式の物は口の部分だけ色はベージュです。

封筒式の枕カバーの口の部分


到着時に「枕カバーの端っこ白じゃないのか」って思ったのですが、私の確認不足で、商品ページでも写真を見れば分かる事でした。


寝具を白で揃えようと思っている場合は気をつけて下さい。


と言っても、封筒式の場合、折り畳んで使用するのでそんなに気にならないですが。


逆側(口が閉じている側)は封筒式タイプでも白色です。

封筒式のガーゼ枕カバーの端


封筒式以外のタイプのサイズの大きい方(チャックで閉めるタイプ)は白でした。
(間違いがあるかもしれないので、購入時には商品ページにて確認して下さい。)


封筒式の使い方が今いち分からないのですが、今のところ余った生地を折り返してそのまま寝ています。


特にズレたりはしていないです。折り目の所の調整でふたをするって感じです。


枕を縦にして使う時は、グルグル巻いて使用しています。


枕をカバーに入れる時は、ただ単に奥に押し込んでいくだけです。


この記事の枕カバー


この記事のガーゼの枕カバーはこれです。私は一番小さいサイズ(封筒型小)にしました。



まとめ


まとめると、ガーゼ生地の枕カバーは、


  • 使っていく内に柔らかくなる生地
  • 「ガーゼ」と言っても編み目は細かく、触り心地は「さら」って感じ
  • 寝る時に、横向いたり、頭を乗せるだけでもぬくぬく感がある

という感じでした。


枕カバーのサイズ選びについては、中身が変形する枕の場合は、中身の大きさを測るというよりどのくらいの厚みで使いたいかで選ぶのが良いかと思います。


という事で、どこかしら枕カバー選びの判断材料になる物があったならば幸いです。



関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加