フクウロの買取バッグでの発送はダンボールより結構メリットある

フクウロの買取バッグ

買取サイトを使う時は、自分でダンボールを用意する必要はありません。


申し込めば「宅配キット」が届き、配達に必要な伝票も入ってます。


で、フクウロには「フクウロバッグ」ってのがあるのですが、これはダンボールより結構メリットありました。


以下は、私がフクウロバッグに感じたメリットとホントにダンボールでの発送じゃなくてもOKなのかって部分です。


  • 買取価格10%UP
  • ポスト投函で受け取りに時間取られない
  • 徒歩でもコンビニに持っていきやすい
  • 広げれば大きいからかなり入る
  • チャック部分をバンドで固定で出ちゃう心配もない
  • 材質も問題ない

とりあえず「買取バッグ」は便利で楽でした。


フクウロ


買取価格10%UP


「フクウロ」で申し込む宅配キットには、フクウロバッグという買取バッグの他にちゃんとダンボールもあります。


が、これは以下のポスト投函にも関係してくると思うのですが、買取バッグの方にすると買取価格が10%UPします。
(2016年10月、記事投稿時点)


ポスト投函可能な大きななので、発送時の送料(フクウロ側の)が安く済むってのがあると思うので、買取額を上げれるのだと思います。


これがダンボール箱じゃなくバッグの方で服を売る時のメリットの一つ目です。


ただ、査定額に重きを置いている場合には、実店舗に行くのが良いかと思いますが。


ネットの買取サイトを使うメリットは他の部分なので。(と、私は思っているので。)


ポスト投函で受け取りに時間取られない


また、買取バッグの方だと、ポスト投函です。


手渡しじゃないので、時間を取られずに済むって面があります。


ダンボールだと、手渡しで、時間が合わなければ再配達の依頼をする手間も出ますし、再配達も2時間区切り等で幅があるので、その時間は自宅で待機って事になるので。


これが発生しないのは逆にメリットでした。


この状態↓で来るのですが、高さがないので大概のポストに入ります。

フクウロの買取バッグのポスト投函時の状態


大きさを測ったら、高さ2.9cm×横20.9cm×縦29.2cm(素人採寸)でした。


私のマンションのポストは一般的な大きさだと思いますが、横の状態でこのまま入ってました。


高さはこんな感じです。

フクウロの買取バッグのポスト投函時の高さ。ボールペンの高さとの比較
入んなかった場合は手渡しになると思いますが、厚みがないので、大概のポストに入ります。


徒歩でもコンビニに持っていきやすい


また、買取バッグの場合は発送がちょい楽です。


ダンボールでも買取バッグでも、発送の際は、集荷依頼・コンビニ持込・営業所持込のどれかで発送する事になります。


ダンボールの場合は、徒歩でコンビニに持っていくとなるとかさばるっちゃかさばるので、集荷依頼をする事になると思います。


そうなるとここでも集荷依頼(ネット経由または電話)の手間が発生しますし、同様に2時間区切り等で自宅にいる事になります。


バッグの場合は、大きいトートバッグの様になっていて「取って」がついているので徒歩でもコンビニに持ってくのは簡単です。


更に洋服が詰まってない空間の部分は折りたためて小さくもできますし。


という事で、フクウロ↓の買取バッグだと、徒歩でもコンビニに持っていきやすいので、自分のタイミングで手早く発送済ませたい!って時にもメリットあります。


フクウロ


広げれば大きいからかなり入る


フクウロバッグは「バッグ」なので、売りたい服が多かったりすると入る量的に心配になる事があると思います。


が、フクウロバッグは大きいので量は気にしなくてOKです。


広げるとこんな感じです。

フクウロの買取バッグを広げた状態


実物の大きさが気になったので測ってみたのですが、高さ36.5cm×横55㎝×25.5cm(素人採寸)でした。


具体的には、フクウロのHP↓にも記載がありますが、夏物(薄手の服)約30~40枚分、冬物(厚手の服)約3~8枚分、です。


フクウロは、洋服だけじゃなく、バッグ(かばん)とか、靴、アクセサリー系とかもOKなので、その場合にも「ダンボールじゃなく買取バッグにしてちゃんと量が入るのか」心配になる事があると思いますが、かなりの量が入るのでほとんどの方は問題ないです。


とりあえず入る量は心配しなくてOKです。


関連:フクウロで買取可能な取り扱いブランドはどう確認?


フクウロ


チャック部分をバンドで固定で出ちゃう心配もない


で、量を入れるとなると今度は配送時の飛び出し等が心配になると思います。


もしくは、ブランド物を買い取りに出す事になるので、万が一の盗難とかもちょっと心配になるかと思います。


この場合も、対策されてました。


フクウロバッグはジッパーになっていて↓、売る服を詰めた後は、チャックを左右から閉めます。

フクウロの買取バッグのジッパーになっている部分


で、その2つのチャックの中央に穴が開いていて、その部分を結束バンド↓で締め付けて開かない様にしてから発送します。

フクウロの宅配キットに同梱されていた結束バンド
この結束バンドも宅配キットを申し込めば入ってます。自分で用意する必要はないです。


なので、配送時の飛び出しとか、持込時にあふれちゃって面倒な事になる、とかの心配もしなくてOKです。


開けられちゃうって事もないですし。


また、黒色なので中身が透けちゃう事もなかったので、より安心です。


閉める時のやり方も同梱されている「買取申込書」に記載されていました。

フクウロの宅配キットに同梱されている買取申込書のジッパーを止める所の説明部分


材質も問題ない


たくさん入れる、とか、高い洋服を入れるので、バッグだと破れが気になる事もあると思います。


が、材質的にかなり破れにくい感じでした。


フクウロの買取バッグに関してのまとめ


という事で、フクウロの買取バッグは、


  • 買取価格10%UP
  • ポスト投函で楽
  • 徒歩でもコンビニに持込やすい
  • 広げればかなり大きい
  • バンドで固定で出ちゃう心配もない
  • 材質も問題ない

ので、メリットもあるし、発送に関しても問題は出て来ませんでした。


また、「宅配キット」を申し込めば、必要な物は全部入っているので、ダンボール以外にも自分で何か用意する必要がある物はありません。


とりあえず「楽」な状態になってます。


買取申込書・着払いの配送伝票・買取バッグ(またはダンボール)が届くので、不要な服だったり、バッグ(かばんの意味)だったりを詰めて、発送するだけって流れです。


という事で、フクウロの買取バッグに関してでした。


買取サイトを使うの面倒そうって感じてる場合は以下の記事をご覧ください。


服を買い取りサイトで売る時にやる事|簡単なのか面倒なのか


フクウロ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加