足元寒いのにエアコンつけても意味ないって時は電気毛布がおすすめ

足元寒いけどエアコンつけてもあんまり意味ないって時は電気毛布って商品を使うと便利です。


私は冬になったらかなりの頻度で使っています。


私は角部屋に住んでいるので窓が多くて冷気が伝わりやすく寒いのと(角部屋のメリット・デメリット)、エアコンつけたとしても足元がなかなか温まらなかったので購入しました。


あとエアコンを常時つけるのは、やっぱり電気代が気になるっていう部分があったので。


記事の目次
  1. 足元の寒さが解消できた。
  2. 朝寒過ぎな時も布団から出やすくなる。
  3. 電気代がかなり下がった。
  4. サイズはでかい方が使いやすい。
  5. タイマーはある方が良い。
  6. まとめ

足元の寒さが解消できた。


電気毛布を購入するきっかけが、エアコンつけても上が暖かくなるばっかりで足元というか足先が冷たいままっていう事だったのですが、これは電気毛布の使用で普通に解消する事ができました。


一番の目的が解決してきたのでこれだけでもう買って良かったって思えました。


朝寒過ぎな時も布団から出やすくなる。


冬は朝寒すぎて布団から出られない事が多いのですが、起きた後、電気毛布のスイッチを入れて足先が暖かくなってくればすんなり布団から出れる様になりました


朝グダグダするのは嫌だったのでこれもかなり買って良かったってポイントです。


電気毛布は電気敷毛布や電気掛毛布、電気敷掛毛布、等があります。


敷毛布は布団に敷きっ放しで寝たりが基本の用途なのでサイズ的にでっかい事が多いです。


掛毛布は基本は座っている時に、モモくらいからかけて使うのでサイズは小さいことが多いです。


敷掛毛布はどっちでもOKみたいなタイプです。


私は最初140cmぐらいの掛毛布を買いましたが、寝る時にも使いたくなり改めて電気敷掛毛布のサイズがでかいのを買う事になりました。140cmの掛毛布だと足先まで届かなくて寝にくかったので。当たり前ですが。


なので、寝る時にも使いたくなるかもって場合には敷毛布としても使えるサイズの物を選ぶ様にして下さい。


スポンサーリンク


電気代がかなり下がった。


電気毛布を使う前は冬場は例年、月8000円~9000円くらい電気代がかかっていたのですが、電気毛布を使い始めてからは5000~6000円ぐらいになって電気代がかなり下がりました。


エアコンはほんとキツイ時くらいしかつけなくなりました。


つけるとしたらお風呂から出た後の部屋の寒さ回避で予約して部屋を暖めておく時とか、めちゃめちゃ寒い日で窓からかなり冷気が伝って来る時くらいになりました。


サイズはでかい方が使いやすい。


サイズはデカめの物の方が良いです。


特に敷毛布や寝る時にかけるようとも考えている場合は。


椅子に座ってだけの用途なら140×130ぐらいでも良いとは思いますが、寝る時(寝始め)での使用も考えている場合は、短いタイプの物だと上半身の半分までしか掛けられないので寝にくいです。


寝返り時に気になったり、足を曲げてかなり体を縮めないと入りきらないので。


なので、個人的にはサイズは大っきいかな?くらいの方がおすすめです。


ただ、でっかいのだと毛布全体が暖かくなるタイプが少ないっていう部分はありますが。(足先が温かくなりやすくて、上半身はあまり熱くならない様にしているタイプが多かったです。私が選んでいた時には。)


電気毛布のランキング|楽天


タイマーはある方が良い。


電気毛布を使用する場合はタイマー機能を持たせた方が良いです。


切り忘れでの火事の心配もなくなりますし、寝る時につけっぱだと喉がカラッカラッになるので。


タイマー機能は電気毛布自体にあるタイプもありますし(数は少ないです。)、コンセントに挿してそれに電気毛布を繋げて設定時間で切れるように出来る商品もあります。


後者は別売りで自分で選んで購入する事になります。


どちらも問題なかったですが、何かしらでタイマーはあるほうが便利です。


私はアナログチックなタイマーコンセントを買いました。分かりやすいと思ったので。


違和感なく使えてます。


まとめ


という事で、私のように、


  • 足元寒いけどエアコンつけてもあんまり意味ない。
  • エアコン常時つけるのは電気代が気になる。

って場合には電気毛布を使用するのがおすすめです。


私は一冬で元が取れました。



関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加