一人暮らしの物件選びのポイント!立地編・便利なお店やサービス?

一人暮らしの物件選びのポイントが知りたい!


一人暮らしをするにあたって、物件を選ぶ時に、何を基準に選べばいいのか困る事があると思います。


人によって基準は色々あると思うんですけども、私が今現在一人暮らしをしていて、これがないと困ってただろうなというものを書いておきたいと思います。


1.月並みですが、コンビニは近くにないと面倒な事が多い。


一つ目は、間違いなくコンビニですね。


私はコンビニで、雑誌ぐらいしか買わないんですけども(値段と量の関係でご飯系はあまり買いません。)、よく利用するのがATMです


銀行によって手数料が違うのですが、私が利用しているのは、時間帯によっては引き出し手数料がコンビニのATMでも無料なので、よく利用しています。(というか平日でも夕方までATM利用料が無料だったので、わざわざこの銀行口座を開設しました。)


またコンビニによって対応している銀行が、違いますので、あなたがよく使っている銀行に対応しているATMがあるコンビニが近いかどうかも、物件を選ぶときのポイントになります。


他にはネット通販のコンビニ受け取りなども利用できます


一人暮らしをするにあたって住所をあまり教えたくないとか、日中家にいないから自宅に送ってもらっても受け取れない場合には、コンビニの住所を登録すれば、そこに届けてくれて、コンビニで受け取れるというサービスです。
(これもコンビニによってやっている店舗が決まっていますので、物件を選ぶ際に対応しているコンビニが近いかどうかも基準のひとつになります。サービスを利用するならば。)


あと、コンビニは各種支払いにも利用させてもらってます。


口座引き落としにしていないもの(私の場合には、年金、ネットプロバイダ料など)は支払える場所が近くないと、面倒に感じてしまいます。


2.薬局もかなり利用頻度が高いです。


二つ目は薬局です。


(これは車を使う予定があったり、日用品も楽天市場やAmazonなどネット通販で購入する人なら近くになくても別にかまわないかも知れないんですけども。)


私の場合は薬局でコンタクトの液を買ったり、ゴミ袋やお菓子、飲み物を買う事が多いです。


重い飲料水を買ったときに、薬局が遠いと帰りがホント大変です。


ちなみに、夏場は暑すぎて、「汗かきながら重たいものを持って歩きで帰るの面倒だな・・・。」と思う事が多いので、お米とかペットボトルなどは、ネット通販で購入する事もあります。マンションなどで1階に住んでいなくても、ちゃんと玄関まで持ってきてくれますので、重たいもの買うときはホント助かります。


スーパーも同じ理由で近い方が良いです。


検討している物件の近くのスーパーで、実際に1回買い物してみて、物件まで歩けるかどうか、歩いても辛くないか、許容できる範囲なのか、は確認しておいた方が良いと思います。


また、その日に一緒に、駅やコンビニまでの夜道の電灯や人通り等を確認して下さい。治安が心配っていう場合は。


3.メイン、サブで使っている銀行の支店。


三つ目は、よく使っている銀行です。


一つ目のコンビニと似ているのですがメインで使ってる銀行が近いならば、ATMの利用がすごく楽になります。


手数料無料な事が多いですしね。


各種支払いでコンビニが利用できないものや(自治体が認めた金融機関だけとかもあるのです。)、振込や預け入れができるATMが近くにないと、「時間的に振り込めない・・・。」とかも出てきやすいです。


また、私の場合はサブ口座への預け入れでもよく利用しています。預け入れで手数料支払うのがイヤなので。


振込は銀行のインターネットサービスに申し込んでいるのでそれを利用しています。


4.郵便局や配送業者の営業所


四つ目は郵便局や配送業者の営業所です。


局留めもできますし、郵便局ならゆうちょも使えます。


局留めというのは、郵便局の住所を書いて、郵便局にとりに行けば受け取れるサービスです。名前は書く必要があります。コンビニ受け取りと同じ様な感じですね。


配送業者の営業所にも「営業所止め」というのがある配送業者もありますので、同じ様な感じで利用できます。


荷物を取りに行く際に、遠いと面倒です。車であっても。(利用方法は会社によって異なりますので、別途ご確認下さい。)


また、郵便局や配送業者が近ければ、物を発送するときにもすごい便利です。


集荷に来てもらっても良いんですけど、ちょっとした荷物の場合には、出かけるときのついでに発送できるので、私は営業所が近くにあって良かったと思ってます。(コンビニでも発送できます。)


少し発送料金も割引されますしね。


5.100円均一は最初はよくお世話になる。


5つ目は、100円均一です。


ひとり暮らしを始めると、「あっあれがない。」という時が結構出てきます。


私が百均で購入した(している)ものは、食器を洗うスポンジや、冷凍するパック、コピー用紙、ごみ箱、食器の水切り、インクペン、・・・などです。


しかも、本来の用途とは違っても、「これ使えば、あれ実現できそうじゃない?」ていうものが、見つかったりするので、100均に行くと結構楽しめます


かなり買ったとしても総額はそこまでいかないので、近くにあると便利です。


あと24時間営業のファミレスや、映画を借りるならレンタルショップ、喫茶店なども物件を選ぶ際に忘れがちなので、確認しとくと良いと思います。


ちなみに今まで話したお店が一つしか近くにないと、そのお店がなくなった時に相当困る事になるので、万全を期すならば、期待している用途や同じサービスが実現できるお店が物件の近くに複数あるかどうかも(ちょっと遠くになってしまったとしても)確認しておくと良いと思います。


他にももっと、物件選びのポイントはありますが(カーテンや窓を開けた状態で暮らせそうかの確認とか、洗濯物が干せる高さがあるかどうかやベランダの日当たりの確認など。)、周辺のお店でいうとこのぐらいになります。


引越しするならHOME'Sで一気に料金比較が便利
100社以上の引越し業者を比較可能↓
引越し 見積もり


関連のあるその他の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加