掃除できないならなおさら!おすすめの掃除機はハンディータイプ?

掃除できない場合の掃除機の選び方!


「部屋の掃除がなかなかできない・・・。」
「掃除機買ったけど、全然使ってない・・・。」
「部屋が汚くなってきた・・・。」


掃除できない時に掃除できるようになる、その一つの方法は手軽さ、気軽さです。


なんとなく、やり始めちゃうが大事!


掃除をやれないあなたも、おそらく、なにかしら、掃除するものを購入していると思います。


「掃除機は持っている」、だけど、「掃除できない・・・。」という様な状態です。


これは「掃除機を物置から出してセットする」これが面倒で掃除しようと思っても「やっぱりやめた。出すのも面倒だし。」となることが多いからです。


そのためには、「作業欲」というのを利用するのが解決方法になります。


人は一度何かをやり始めたら、ある程度の所までやらないと気持ちが悪くなるんです。


あなたも全然やる気なかったのに、ちょっとやったらそのあと結構長くやってしまったっていう経験ありませんか?


「やろうと思っていなかったけど、ここまでやってしまったっ」という経験です。(ここまでやってしまった・・・。って掃除だからどこまでやっても良いんですけども。)上記の様な事が作業欲です。


スポンサーリンク


掃除できないで悩んでいるあなたは「掃除しよう!」になりづらいという事。


作業欲を利用するポイントは、やり始めは、かなり楽な、めちゃくちゃ簡単なコトにするということです。


落ちているゴミを一つ「だけ」とるとかですね。


間違っても部屋全体を掃除しよう!なんて考えてはいけません。


部屋全体なんてやり始める前に考えたら「掃除できない・・・。」で悩んでいるあなたは掃除なんてやらないです。


だってその面倒くささ、その辛さがわかっているからです。


そして、「掃除しなきゃな・・・。」と思ったのに、実行できない事への自己嫌悪が起き、そうするとそれがまたストレスになるので、またやらない、と、そういう流れになってしまいます。


ですから「今日は掃除しよう!」と考えるのは、あまり解決策になりません。


ですが、「ゴミ一つだけとろっかな。」で始めればその簡単さは分かっているので、それだけでいいなら始められます。


だって、ごみ一つとるだけですから。


ゴミ一つとっちゃうと、2個目のゴミは「何も考えずに」拾っちゃいます。


ゴミ一つ取って終わってもそれはそれで良いんです。


「ゴミ一つとろう」で初めて「ゴミ一つとった」で終わったんですから。


目的達成です。


こうすると自己嫌悪に陥らなくて済みます。


という事で、掃除の「し始め」をめちゃくちゃ簡単にするのが有効です。(掃除のために作業欲を利用するならば)


具体的にどうすればいいのよ?


つまり、掃除機をもっているあなたは、掃除の一つ目のステップ、「掃除機をしまっている場所から出す」をとっ払うとすごく楽に掃除を始められます。


一つ目のステップを取っ払うために、ハンディー掃除機にするのです。


実際、私も5万円程度の「掃除機」を持っているのですが、その時の部屋の汚さと、ハンディータイプの物を追加した今の部屋のキレイさでは、明らかにハンディータイプを使っている今の状態の方が綺麗です。


ハンディー掃除機だと場所をあまりとらないので、すぐ使用できる状態で部屋の隅に置けています。


こうなっているとすごく楽で、気が付いたときにすぐ動かせます。すぐ掃除が始められるようになっています。「やり始め」がラクになっています。


実際に部屋に置いてみると実感しやすいのですが、「ちょっと、ここだけ掃除しとく」は結構ラクにやり始められます。目についている設置場所からハンディーをとるだけですので。


目についたゴミだけ吸おうとハンディーを動かし始めたのに、目についたゴミを取った後も、気分的には「他にもないかな~」って感じで、よくゴミが溜まるところ等をを無意識に掃除をしてしまいます。


デメリットは部屋の外観が損なわれる、と吸える容量が少ない、吸引力が掃除機と比べると弱い、ですかね。(掃除機と「比べると」なので私は吸引力で困った事は殆どないです。)


見た目も良さげなハンディーも販売されていますし、そもそも「部屋の掃除ができない!」で困っている場合には、掃除していない部屋なのですから「部屋の外観が損なわれる」、とか、掃除やれないのに「吸える容量が少ない」、とかは、ひとまず考えなくてイイ事ですよね?


また、私の場合は使い捨ての手袋とマスクを用意したのも「掃除し始め」の億劫さ解消に役立ちました。


どのくらいするモノなの?


私が持っているハンディークリーナーは1000円ぐらいでホームセンターで購入したものです。


でも、5万円で購入した掃除機より全然役に立っています。(このくらいでも、ホント充分な性能がありますよ。初めて買うなら特に、安めの商品でハンディーの良さを実感するのが良いと思います。)


もし今のハンディーが壊れたらもっと吸引力のあるハンディークリーナーを購入しようと思います。


掃除機代と同じ5万円あればかなり満足できるハンディクリーナーを購入できます。



それに5万円出すのも全然怖くないです。


だって役に立つのが身に染みて分かっているんですから。


スポンサーリンク


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加