ドラマのDVD入れ替えが楽で電子機器や録画番組のディスクも保管しやすくなる収納ケースは思った以上に便利

CD、DVDの収納ケース

DVD買ってて見たく感じてもあんまり見てない、とか、ホントたまにしか使わないディスクを見つけるのに時間がかかる、とか、保管が面倒に感じて保存したい録画番組もそのままHDDレコーダーから消してる、って理由が収納関係の問題ならば、DVDやCDの収納ケースは思った以上に便利だったのでおすすめです。


私の場合は上記の様な事は収納ケースに保管する様にしたら解消できました。


記事の目次
  1. 海外ドラマ等、連番のDVDが見やすくなる
  2. 録画番組を移したDVDを取り出しやすい形で保管できる
  3. 電子機器のディスクがきちんと保管できる
  4. 一つのケースで96枚収納
  5. 幅はボールペンの二分の一程度
  6. DVDの収納関係でちょっとでも面倒さがある場合のまとめ

スポンサーリンク


海外ドラマ等、連番のDVDが見やすくなる


海外ドラマのDVD-BOXを購入する事があるのですが、以下の写真の様な収納ケースに入れておくと連番で保存しておけて、どこに目的のDVDがあるかすぐ分かる様になったのでドラマなどの続き物のDVDがすごく見やすくなりました。


収納ケースはこんな感じで見開き状態になります。

DVD収納ケースを開いた所


購入時の普通のBOXに入れておくと、一枚見終わってDVDを入れ替える時に、「ケースに入れる作業」と「ケースから出す作業」がありますが、それがなくなるので続けて見やすいです。


収納ケースを使用しても保管する作業はありますが、ディスクを挿し込むだけなので個人的にはこっちの方がかなり楽になりました。


また、順番通りにケースを入れておかないと、次見る時に大変なのでBOXの時はわざわざ順番を確認して保存するのがちょい面倒でしたが、それもなくなり保管しやすくなりました。


収納ケースに入れちゃえば、一回でVol何のDisc何があるってのが分かるので連番のドラマとかはすごい見やすくはなります。


ワイヤレスヘッドフォンを購入してからは夜中も気兼ねなく映画やTVなどを見れる様になったので、休日にぶっ続けで見る事がたまにあるのですが、DVD交換が今までよりは楽になったのは便利でした。


あと、huluの2週間無料のお試し期間で必要かどうかちゃんと判断できるのか?って記事でも記載しましたが、使い始めて感じたのですが、シリーズ物を見る機会が多いけど、DVD入れ替えがほんと面倒に感じてるって場合は、収納ケースもですが、huluとかのオンデマンドサービスは結構良いです。見たい物がちゃんと配信されているならば。


連番での表示で選んでいくだけになってたり、自動再生機能とかがあるので。



録画番組を移したDVDを取り出しやすい形で保管できる


また、HDDレコーダーに録画した番組で保存しておきたい番組はDVDに移して保管しているのですが、このDVD-Rの保管場所に結構困っていました。


今まではDVD-Rを購入した時の保管状態(ブランクディスクが重なっている状態)の上に重ねて保存していました。


こんな感じでの保管です。

DVD-Rを購入した時と同じ状態での保管


これだとその後見たくなった時に探しにくいし、目的のDVDを取り出す時に一度全部上に上げないとならないので面倒でした。


収納ケース購入でこの状態がなくなるのは思った以上に便利です。


録画番組DVDに移そうって気になるし、簡単に見始められる様になったので。


電子機器のディスクがきちんと保管できる


また、電子機器を購入してくるとついてくるドライバディスクがきちんとどこにあるか分かる様になるのも便利です。


今までは、電子機器のディスクは頻繁に使うものではないので、一度使用した後は積み重ねて置ける所に置くって感じにしていました。


けど、これだと、PC変えた時や必要になった時にどこにあるか分からなかったり、探すのにかなり時間がかかります。


他には雑誌や勉強の教材などについてくるCDの保管も電子機器のディスクと同様にあっちこっちにあって、たまに必要になった時に探すのが大変だったのですが、一元化されてすぐ取れる様になりました。


一つのケースで96枚収納


私はCDやDVDが96枚収納できるタイプのケースを購入しました。(CCD-W96という商品。160枚入れられるCCD-SS160とか、72枚収納のCCD-W72とかもあります。)


値段は購入当時450円程度でした。


収納ケースは固定して置いておくタイプの物やこの記事の写真の商品の様な持ち運べるポータブルタイプの物があります。


私は、取り出す時にすぐ見れる様にしやすいと思ったので、見開き状態にできるポータブルタイプの物にしました。


また、私の場合はDVDが見れるHDDレコーダーとPCの場所がちょい離れているので、どっちの前にもすぐ動かせるポータブル系のDVD収納ケースは結構便利だと感じました。見る場所が複数あって離れている場合にはポータブル系はおすすめです。


幅はボールペンの二分の一程度


収納ケースの幅はボールペンの二分の一程度です。CCD-W96(この記事の写真の収納ケースの型番)の寸法は幅180×奥行65×高さ295mmです。

DVD収納ケースの幅とボールペンの長さの比較

私は2つ購入したのですが、2つ並べても幅とらずにTVの近くに200枚弱のディスクを収納できているので予想以上に便利になりました。見たい時にすぐ取れる様になったので。


DVDの収納関係でちょっとでも面倒さがある場合のまとめ


個人的に、CDやDVDはBOXと通常のケースに入れて保存していた時はかなりスペースを取ってたけどあんま見返せないとか、TVの近くに置く場所がないと、「あれが見たい」って思っても収納している所に取りに行かないと見れないのが面倒でした。


なくても実際そんな困る様な事でもないので必要性を感じる場面は少ないかと思いますが、


  • ドラマ物のDVDやBlu-rayの入れ替えが楽になる
  • DVD-Rを取り出しやすい形で保管できてきちんとDVDに移す気になる
  • たまに必要になる電子機器や教材などのディスクがすぐ見つかる

ので、DVDの収納や管理関係で面倒さを感じている場合には収納ケースで普通に解決できるかと思います。


個人的にはDVDの収納とか管理にそこまで困っていなかったけど、そこが解決するのは思ってたよりも満足感が大きいって感じました。



関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加