電気ケトルの内側の黒い(茶色い)汚れの掃除なら洗浄用クエン酸が楽

内容器洗浄用クエン酸

長いこと電気ケトルを使っていると内側にかなり汚れが付着します。


黒い(茶色っぽい)汚れです。


鉄分が酸化したとかみたいなのでそのままでも特に使用に問題はないと思ったのですが(いや定かではありません)、なんか気になるので、以前電気ケトル内部の掃除をしました。


飲むお湯を沸かすので食べてしまったとしても「食品衛生上無害」らしい容器洗浄用のクエン酸で掃除しました。


で、かなりキレイになったので電気ケトル内部が汚れてきて何で掃除しようか考えている方がいると思うので、どのぐらい汚れていたものがどのぐらいまでキレイになったのか、のクエン酸の場合を記載します。


記事の目次
  1. こんぐらいの汚れでも大丈夫だった。
  2. 最初はかなり臭う
  3. クエン酸で掃除する時にやる事
  4. 使用した洗浄用クエン酸
  5. その後黒い汚れがつきづらくなった(?)
  6. まとめ

スポンサーリンク


こんぐらいの汚れでも大丈夫だった。


かなり黒いのですごい恥ずかしいのですがクエン酸で掃除する前は、こんぐらいのレベルの汚さ具合でした。

クエン酸で掃除する前の電気ケトルの黒&茶色の汚れ具合


で、一通りやった後はこのぐらい↓になります。

クエン酸で掃除をした後の電気ケトル内部のきれいさ


かなりきれいになり、使う時の「一瞬気になっちゃう気持ち」がなくなったのはすごい良かったです。


洗浄後は、ふたの裏面部分も少しきれいになりました。

洗浄後の電気ケトルのふたの裏面部分のきれいさ


最初はかなり臭う


洗浄が終わった直後はかなり臭います。


電気ケトル内部を嗅ぐとかなりすっぱい匂いがしますし、沸かしたお湯自体もすっぱい感じになります。


これは仕方ないのかなっていう感じです。


私の場合は、沸かして捨てて沸かして捨ててっていうのを5、6回したところですっぱさがかなり薄まったのでそっからは普通に使うようにしました。


その後、1、2週間(結構長い)は微妙に酸っぱさを感じてましたが、それからはもう全然臭わなくなったので普通に使えてます。


なので、クエン酸で洗浄する場合は、1~2週間は匂う事もあるって思っといて下さい。


クエン酸で掃除する時にやる事


以下は、私が購入した内容器洗浄用クエン酸の外箱に記載されている「内容器のお手入れ方法」です。

電気ポット・ケトルの内容器のお手入れ方法


流れとしては、クエン酸入れてお湯沸かす→放置する→中身を捨てて水ですすぐ→水だけで再度沸かす→捨てる、で終了という感じです。


私は、思ったよりやる事少なくてすごい簡単って思いました。


購入する商品によって少し違う所があると思いますが、外箱などに手順が記載されていると思うので、洗浄時に確認して下さい。


使用した洗浄用クエン酸


私が使用したのはタイガー魔法瓶のPKS-0120っていうクエン酸です。

タイガーのPKS-0120(内容器洗浄用クエン酸)
4袋入っています。電気ポットと記載がありますが、電気ケトルで使用しました。


値段は300円だった覚えがあります。(購入当時)


費用もかからない&やることシンプルなので楽でした。


洗浄用クエン酸PKS-0120|楽天価格ナビ


その後黒い汚れがつきづらくなった(?)


一度酢酸で電気ケトルを掃除した後は、中に黒い汚れがつかなくなりました。(?)


同時期に蛇口に付ける浄水器も使い始めたのでどちらが作用しているのか定かではないので、「?」にしています。


浄水器のフィルターを通って余計な鉄分があまりなくなった的な事かな?と思いました。


浄水器のおかげってのが濃厚だと思いますが、どっちか定かではなく、クエン酸のおかげかも知れないので記載しておきます。


まとめ


という事で、気付いたら電気ケトルの内側に黒い様な茶色い様な汚れがつき始めてて気になるって時は、クエン酸で掃除するのがやること簡単だし楽なのでおすすめです。


やり始める前は億劫でしたが、やること自体は簡単で楽だったのでやって良かったってすごい思いました。


そもそも汚れがつかない様にするには、クエン酸で掃除した後は、何でも良いので浄水器のフイルターを通した水で沸かすようにする、と、私はその後1年半以上使っていますがつかなくなったのでおすすめです。


私は、クリンスイのMD201っていう浄水器を使ってます


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加